レノファ山口。Jリーグへようこそ。

0



    たまたま、土曜日が休みになって見に行った試合の、
    地域リーグとは思えない光景に心底感動して、



    休みに出かけた島原でとびきりの歓喜に遭遇し、

    DSC01169 (2).JPG

    JFLを1年で駆け抜けてJ3にたどり着いた。

    そんなレノファ山口。
    http://www.renofa.com/
    改めて、J3参入本当におめでとうございます。

    そんなレノファ山口。
    http://www.renofa.com/archives/966/
    ぶち上げました。

    開幕戦で15000人を集める?

    いくらなんでも大風呂敷広げ過ぎじゃ?
    と思ったけれど、

    http://www.renofa.com/archives/2005/
    いつも2両の山口線の増結、
    続々と決まる駐車場、
    本気で集めるつもりなんだなと考えると、
    だんだんワクワクしてきた。

    瑠璃光寺

    大学時代を過ごした山口。


    維新公園がこんなに立派になるなんて想像すらしていなかった。
    それが国体のおかげだったとしても。




    熱くて、とても温かいサポーターが増えて、

    アンテナ

    街にサッカーを感じる風景が増える。

    あげくJリーグに名を連ねるチームが出てくるなんて。

    今でもほっぺたをつねりたくなる。


    夢物語を現実にしてきた人たちの力。

    本当に15000人集まったら、
    いや、もし集まらなくても、
    山口の何かが変わるかもしれない。

    浦和レッズにはなれなくても、
    松本山雅にはなれると以前感じたことが、
    現実になるかもしれない。

    自分は行けないけれど、

    見てみたい。

    新しい扉を開く山口の姿を。



    今年のJ3は、1日だけ平日開催がある。
    7月の福島ユナイテッド戦。
    夏休みの維新公園がどんな風景になるのか。

    とても、楽しみにしています。


    レノファ山口のみなさん。

    Jリーグへ、ようこそ。

    一日も早く、同じステージであなたたちと戦いたい。


    明治安田生命J3リーグ開幕戦
    レノファ山口vsガイナーレ鳥取
    維新百年記念公園陸上競技場
    3月15日(日)15:30キックオフ
    試合詳細
    交通について

    ヤマグチスタさん

    J3の扉を前に。レノファ山口再会編。

    0


      晴れの国岡山。

      10年ぶりに来ました。

      水曜日。

      今シーズン、地域リーグからJFLに参入したレノファ山口。

      初めてのJFLでの戦いにもかかわらず、
      J3参入へ一直線。

      残り2試合となった時点で、
      年間成績は4位。
      観客動員は前節でホーム最多となる4568名を動員するなど平均2000人の要件をクリア。

      あとは年間成績4位以上を確定させるのみ、
      という状況で、
      DSC01148.JPG
      台風により順延されていた、
      ファジアーノ岡山ネクストとの一戦を迎えました。


      島原の歓喜から1年。
      台風のおかげで平日になったから行こうと
      軽い気持ちでいたら、まさか昇格がかかった
      試合に行くことになろうとは(笑)


      孫正倫の魂と共にスタジアムへ。

      岡山といえばきびだんご!

      ・・・ではなく、

      ファジフーズ!!

      これで600円。
      素晴らしい。


      カレーを抱えて歩いていたら、
      レノファサポーターの一団の中から、
      「かっちゃん?」と
      声をかけられる。

      島原で一緒に応援し、1年ぶりにお会いする
      サポーターの皆様。

      覚えててくれて嬉しかったし、
      あっさり正体がバレて面映ゆかったし、
      ブログをほめて頂いて照れくさかったり
      です。はい。

      またお会いできて嬉しかったです。

      DSC01150.JPG
      17時開門。
      TVカメラがサポーターの姿を追う。

      キックオフは18時。
      バックスタンドに移動して、


      みんなで幕張り。

      カレーにありついたのは幕を張り終えた後でしたwww


      水曜日の18時。

      DSC01157.JPG
      DSC01160.JPG

      いろいろな都合をつけて岡山に集結したこれだけのオレンジ。
      凄い方たちだ。

      DSC01165.JPG

      455名の観客に見守られて始まった
      JFLセカンドステージ第4節(延期分)。

      DSC01169 (2).JPG
      試合は岡山のペースで始まり、
      徐々にレノファが押し返していく。

      なかなかゴール前までたどり着けず、

      サポーターからは、
      「今日は何がかかっちょるんか??」
      と檄が飛ぶが、
      それ以上にピッチの上からは、
      「負けだけは許されない」
      という意図を感じた。
      DSC01215 (2).JPG
      勝てば文句なし。
      引き分けの場合は、次の試合負けても得失点差が8あるから、
      ほぼほぼOK。
      負けた場合勝ち点差は2になるから、
      次の試合にかかるプレッシャーが
      途轍もないものになる。
      DSC01249 (2).JPG

      そうはいっても、早く決めたい。勝って決めたい。
      ピッチからもスタンドからも、そんな想いが
      伝わってくる。

      DSC01274 (2).JPG
      だけど、シュートが撃てない。
      撃っても枠に飛ばない。
      最終ラインには3人残す。
      DSC01280.JPG

      リスクをしっかり排除して、
      最低限の勝ち点1を確保した。

      DSC01288 (2).JPG

      決定的だけど、確定ではない。
      安堵したけど、素直に喜べない。

      DSC01172.JPG
      DSC01232 (2).JPG
      ピッチもスタンドもメディアもそんな空気。

      それでも。


      オーレノファ
      オーレノファ
      俺たちと共に
      Jリーグに行こう

      引き上げる選手たちの、
      最後の一人が見えなくなるまで、
      サポーターはこの歌を途切れることなく
      歌い続けた。

      ヤマグチ一番やりたかったな〜


      ファジアーノサポーターとエール交換して
      みんなで急いで幕を片付け、
      外で山口のTV局の取材を受け、
      栃木遠征の相談をするヤマグチスタの皆さん。

      最後は選手を見送りに。


      試合後の出待ちの風景。
      あの日の維新公園と同じように、
      暖かい雰囲気がそこにあった。

      選手たちも、3日前に試合をして、
      この日は山口からバスで来て、
      バスで帰って3日後には栃木。

      そんなハードな日程の中でも、
      一人一人にちゃんと応えていた。


      レノファ山口のシーズンを横目で見つめていて、
      ひとつ気になっていたことがあったので、
      調べてみました。

      2013年全社浦安戦のメンバー

      スタメン
      21寺田
      03高田
      06孫
      08坂本
      11金
      14馬場
      15碇野
      28佐藤
      30飯塚
      31岡本
      39平林
      ベンチ
      20洞ヶ瀬
      18中原
      05前田
      10福原
      22福田
      24上垣
      19石田

      2014年所属選手
      □は、新加入
      ○は、シーズン途中加入
      ●は、シーズン途中対談
      △は、ネクスト戦出場
      ▲は、ネクスト戦ベンチ入り
      ☆は、「島原の歓喜」の試合のメンバー

      1 寺田賢人 ☆
      20△一森純 □
      31▲永冨裕尚□
      2△宮城雅史□
      3▲高田健吾 ☆
      5△池永航 □
      6 孫正倫 ☆
      16△菊本侑希□
      18△小池龍太□
      25 吉弘充志□
      32 藤本大 ○
      78 内山勇斗
      4 三浦旭人□
      8 坂本博 ☆
      10 福原康太 ●☆
      13△岩渕良太 ○
      14 馬場悠 ●☆
      14△小塚和季 ○
      15▲碇野壱馬 ☆
      17 田村隆生 ●
      24 ジャンジョンウォン ○
      26△西森正明 ○
      27▲松元亮仁
      29△黒田拓真□
      30 飯塚亮 ☆
      35△山崎侑輝 ○
      7 佐藤亨 ●
      9△岸田和人 ○
      11△鳥養祐矢□
      19 三橋隼斗□
      21 岡本秀雄 ☆
      28△島屋八徳□
      33 ジョンミンヒョク ○
      39△平林輝良寛 ☆

      スタメンのメンバーを見て、
      「誰もいない」ことが驚きだった。

      地域決勝を勝ち抜けなかったクラブが、
      JFLのシーズン後半に快進撃を見せて、
      1年でJ3に到達する。

      クラブとしてそれができる選手を揃えることが
      出来たことは素晴らしい。


      ただ。

      夏に選手が入れ替わったとき、横目で見ている自分ですら、
      かなりの寂しさを覚えた。
      間近で応援していた方の想いはどれほどのものか。

      ずっと応援してきたサポーターからみれば、
      何かが成長するとき「脱皮」って、よく使うけれど、
      それは日焼けした皮が剥けるようなものではなく。
      生皮を剥ぎ取るような痛みを伴うものなんだと感じた。


      急ぎ足で歩みを進める先に何があるのかは、
      誰にもわからない。

      山口の名を背負って戦い続ける、
      選手、サポーターのみんなが、
      足利の地で、勝って文句なしに
      J3の扉を開くことを、
      心から願っている。
       

      がんばれ孫正倫

      0


        あの日の事を思い出すと4年経った今でも、
        体が粟立つような感じになる。

        2010年の天皇杯4回戦。
        J1昇格争い真っただ中のアビスパは、水曜日のJ1大宮との
        アウェー戦に、スタメン10人を入れ替えて臨んできた。

        J1残留を争う大宮もスタメン全員を入れ替えて来た、
        11月、冷たい雨の降るNACK5スタジアム。

        先制ゴールを許して厳しい流れの中で同点ゴールを決めたのは、
        この年にユースから昇格してきて、この試合が
        プロ初先発になった背番号26だった。

        プロデビュー戦で初ゴール。
        今後の飛躍を期待せずにはいられなかった。

        しかし。

        2011年、2012年。
        試合出場はおろか、ベンチ入りすらままならず、
        2012年のシーズン終了後に契約満了となる。


        プロの世界の厳しさとはいえ、
        プロとして唯一の試合を見ていた者としては、
        寂しさを覚えずにはいられなかった。



        2013年。
        地元のレノファ山口に入団して、左SBのレギュラーとして
        全社優勝、JFL昇格に貢献した孫くん。

        全社準々決勝の浦安戦
        左サイドで奮闘する孫正倫を見たときは、
        頑張っている姿が見れて嬉しかった。

        アビスパライン.JPG

        2014年3月。
        大分トリニータとの練習試合。
        左SBで先発して、後半からは左SHへ映った6番。
        左SBに入ったアビスパユースの後輩、16番菊本佑希とともに
        Jクラブに挑んだ。



        試合後、バスに引き上げる孫正倫にサインをお願いした。
        レノファを発見した維新公園で買ったTシャツ。



        サインをもらいながら、少し喋ったけれど、
        「好青年」という言葉がよく似合う。

        確かまだ23歳。

        地域リーグからJFLへとステップアップした
        レノファ山口で、思う存分暴れまわって欲しい。

        そしてもしも。

        天皇杯でアビスパとの対戦が実現したら。
        アビスパの右SBの三島勇太とのマッチアップが実現したら。
        左SBが光永祐也で、GKが笠川永太だったりしたら。
        場所がレベスタでも維新公園でも、
        きっと涙なしにはその光景は見れないだろう。

        頑張れ、孫正倫。

        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        jio

        ジオターゲティング
        よかったらクリックお願いします^^
        にほんブログ村 サッカーブログへ
        にほんブログ村
        ランキング参加中。
        にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
        にほんブログ村
        ユースサッカー応援宣言。
        にほんブログ村 サッカーブログ ユース世代へ
        にほんブログ村
        キリ番踏んだら教えてください^^
        ブログパーツUL5
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM