最終節 vsFC岐阜 最強の3位、最強の挑戦者。

0
    DSC08620 (2).JPG
    午前7時に自宅を出て、新幹線で岐阜へ向かう。

    名古屋駅で停車したのぞみから、続々とネイビーを身にまとった
    乗客が降りてくる。
    岐阜駅に向かうJRの快速列車は、ホームゲームへ向かう
    サポーターを運んでいるかのようだった。

    最終節の舞台、岐阜市の長良川競技場に着くと、全国から集結した
    アビスパサポーターたちが長い長い開門待ちの列を作っていた。

    日に日に高まるJ1昇格への期待。
    誰もが実感したに違いない。

    DSC08653 (2).JPG

    2015年明治安田生命J2リーグ最終節。

    3月から始まった8か月に及ぶ長い長いシーズンは
    11月23日で幕を閉じる。

    DSC08655 (2).JPG

    開幕3連敗から始まったアビスパ福岡は41節終了時点で3位。
    現在7連勝中で勝ち点を79に伸ばし、
    自動昇格圏内の2位磐田にとうとう追いついた。


    DSC08632 (2).JPG

    ラモス瑠偉監督が率いるFC岐阜は20位でシーズンを終えることが確定している。
    ホームチームのシーズン最終戦に訪れた多くのサポーターと、
    岐阜のスタグルを求めるアウェイサポーターがごった返すスタジアム前の平和な光景。


    DSC08635 (2).JPG
    DSC08636 (2).JPG
    一番の行列を作っていたのは、1本400円の飛騨牛の串焼き。
    ゆうに200人を超える行列。待ち続けてありついた飛騨牛。
    待った甲斐のある旨さ。

    戻ったら、選手のピッチ内練習はもう始まっていた・・・


    DSC08638 (2).JPG
    2位の磐田はアウェイで21位が決定的な大分との対戦。
    得失点差で磐田に5劣るアビスパがJ1に昇格するためには、

    福岡○、磐田○の場合・・・少なくとも7点差以上の勝利。
    それ以外は、磐田の取りこぼしが絶対条件。

    現実的に、今節で昇格を決める可能性は低いが、
    何が起こるか分からないのがサッカーという競技。
    それよりも何よりも、躍動する井原アビスパは、
    もっと多くの人に知ってもらいたい。


    長良川には、1300人と言われるサポーターが集結した。

    14時、同時刻キックオフ。
    大分トリニータにありったけの念を送りながら、

    ピッチで戦う選手たちに全力で声援を送る。


    キックオフから途切れることのない声援。

    前半、酒井の折り返しに城後がヘッドで合わせて先制。

    本当に7点取れるんじゃないかという勢いでアビスパの
    選手たちは岐阜に襲い掛かる。

    DSC08648 (2).JPG
    残留を決めている岐阜も恥ずかしい姿は見せられない。
    ウェリントンに厳しく当たる岐阜のDF陣に阻まれ、
    カウンターから決定機を作られるが、
    中村航輔のセーブで事なきを得て、前半は1-0で折り返す。

    大分vs磐田は0-0。

    1時間早く試合が始まったJ3では
    終了間際に劇的なドラマが生まれた。
    サッカーは何が起こるか分からない。

    DSC08659 (2).JPG

    飯田主審が後半開始の笛を吹く。

    相変わらずウェリントンが厳しくマークされ、
    岐阜がホームのサポーターに向かって攻める。

    リスタートで一瞬プレーが止まったスキを突かれる。

    岐阜の33番、レオミネイロが
    3バックの裏に抜け、絶妙なパスが出る。

    中村航輔との1対1をきっちり決め、
    サポーターのもとへ。

    湧き上がる長良川。ほぼ同時に磐田先制の報せ。

    アビスパは勝たなければ話にならない。
    酒井に代えて坂田を投入し、打開を図る。



    そして70分を過ぎてアビスパが爆発する。
    中原秀人がタテに入れる。
    ウエリントンが落としてフリーで受けた末吉のクロスを、
    エリア内に走り込んだウェリントンがヘッド。
    川口能活の腕を弾き、クラブのJ通算1000ゴールを達成する。

    さらにウエリントンが強さを見せて中村北斗につなぎ、
    クロスを城後に合わせて3-1。美しい国見ホットライン。

    そして抜け出した坂田が獲得したCKを
    ウェリントンが叩き込みあっという間に4-1。

    怒涛のゴールラッシュ。
    自力で自動昇格を手にするまであと4点。
    本当に取れる気がした。

    しかしベテランDF深谷を投入して守備を整えた岐阜。
    やられっ放しで終われないという攻撃を見せ、
    アビスパのゴールを脅かす。

    DSC08667 (2).JPG

    WBの中村北斗に代えてFWの平井将生を投入するも、
    4点を取るのは厳しいなという時間に差し掛かる。
    全力で歌い、飛び跳ね、腕を振り、ツイッターを確認し、
    スカパーオンデマンドを見て大分vs磐田の経過を確認する。

    「大分が追いついた!」と誰かが叫ぶ。
    半信半疑で状況を確認し歓喜の声が方々で上がる。
    喜んでいる最中に磐田が勝ち越したという情報が入る。

    5点目を確信した平井将生のシュートが川口に阻まれる。

    歓喜と絶望と安堵と落胆が秒単位で入れ替わる
    最終節のジェットコースター。

    4-1のスコアで、2015年J2最終節の幕は閉じた。

    DSC08666 (2).JPG

    福岡、磐田ともに勝ち点は82。
    得失点差で4点及ばず自動昇格には届かず、
    アビスパはプレーオフに回ることになった。


    DSC08671 (2).JPG

    たらればを挙げればきりがない。
    札幌。横浜。水戸。味スタ。岡山。
    終了間際に失った勝ち点、一つでも拾っていれば自動昇格だった。
    ただ、その悔しさ、その失敗を無駄にせずに経験として
    強くなったからこその、12戦無敗と8連勝だったんじゃないか。

    開幕当初の目標勝ち点は77だった。
    誰が82も勝ち点を積み重ねると思っていただろうか。

    DSC08673 (2).JPG
    4位セレッソ大阪を勝ち点で15引き離し、
    6位長崎との勝ち点差は22。

    終盤戦、1-0で厳しい試合を潜り抜け続け、
    下位チーム相手に大量点を重ねて磐田との
    得失点差を一気に詰めたアビスパ。

    J2の3位としては史上最高の成績でプレーオフに回る。

    DSC08681 (2).JPG
    過去3年間、プレーオフとは無縁の秋を過ごしてきた。
    自動昇格すればそれが最高だったけれど、
    最強の挑戦者として、堂々とプレーオフを戦おうじゃないか。


    11月29日15時30分、J1昇格プレーオフ1回戦の相手は、
    Vファーレン長崎。

    史上最大のバトルオブ九州。楽しみで仕方ない。

       ◇   ◇   ◇


    DSC08768 (2).JPG

    試合後。

    最終戦セレモニーで深谷主将から、恩田社長から送られる、
    アビスパへの「プレーオフ頑張れ」というエール。

    選手バスの出待ちをしているときにかけられた、
    岐阜サポーターからの「アビスパ頑張ってね」という声。


    シャトルバス乗り場への道すがら、
    選手バスの前ではシーズンの終わりを惜しむかのように、
    選手とサポーターが時間を過ごし、

    隣のピッチでは未来のなでしこたちがボールを追っていた。



    温かくも過酷な、日本が世界に誇る2部リーグ、J2。
    過ごした厳しい日々は絶対に無駄にならない。

    勝って上がろう、J1へ。


    アビスパ2015 最終節を前に。

    0
      DSC08030 (2).JPG
      11月19日木曜日、
      最終節を控えた雁ノ巣。

      DSC08041 (2).JPG

      DSC08100 (2).JPG
      2位磐田と同勝ち点で迎える最終節。

      DSC08131 (2).JPG

      DSC08164 (2).JPG

      一部非公開のためにウォーミングアップのみ公開だったが、
      雁ノ巣はおだやかな空気が流れていた。

      DSC07394 (2).JPG
      3連敗から始まり、着実に勝ち点を積み重ね、
      少しずつ少しづつ順位を上げ、
      7連勝を記録して41節にして磐田に追いつき、
      最終節、岐阜に乗り込む。

      逆転で昇格するためには、
      岐阜に7点差以上で勝利するか、
      アウェイ大分で戦う磐田の取りこぼしを待つ以外にない。

      DSC07755 (2).JPG
      アビスパは11戦無敗。
      磐田は12戦無敗。
      8月にアビスパに負けて以来負けていない。

      DSC07376 (2).JPG

      DSC07945 (2).JPG

      DSC08010 (2).JPG
      素晴らしい相手と繰り広げるJ1昇格を争えることに、
      5年ぶりのJ1まであと1歩までたどりついた選手たちに、
      心からの感謝を持って。

      DSC07960 (2).JPG
      人事を尽くして天命を待つ。

      井原監督の言葉通り、




      岐阜に乗り込むサポーターも、
      来れずに結果を待つサポーターも、


      アビスパを応援する全ての人で、最高のサポートを、
      J1への後押しをしよう。

      俺たちが福岡。
      熱く燃えるその気持ち、届くまで。
       

      アビスパ福岡 チラシ配り

      0


        木曜日。博多駅にやってきました。

        2015シーズンホーム最終戦を2日前に控えて、
        レベスタに2万人を集めるべく街頭チラシ配りが行われました。



        博多駅前と天神で行われたビラ配り。
        写真のチラシを受け取っていただけたでしょうか。


        アビスパの職員さんとサポーターが一緒になって
        取り組んだビラ配り。仕事帰りの方が多くいる
        時間帯で帰り道を急ぐ方が多かったのですが、
        持っていた分は全部受けてっていただくことが
        できました。



        にわかに盛り上がりを見せるアビスパ。
        2万人オーバーの大観衆で井原アビスパをJ1に押し上げることが
        できるように、1人でも多くの方が訪れてくれますように。

        VAMOS! AVISPA!!
         

        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        jio

        ジオターゲティング
        よかったらクリックお願いします^^
        にほんブログ村 サッカーブログへ
        にほんブログ村
        ランキング参加中。
        にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
        にほんブログ村
        ユースサッカー応援宣言。
        にほんブログ村 サッカーブログ ユース世代へ
        にほんブログ村
        キリ番踏んだら教えてください^^
        ブログパーツUL5
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM