<< 第96回天皇杯1回戦 vs鹿児島ユナイテッド | main | 天皇杯2回戦 福岡vs山口 決戦前夜の想い。 >>

勇太の勇は勇気の勇 ルヴァン杯準々決勝 vsFC東京

0

    DSC01652.jpg

    8月31日水曜日。

    DSC01538.jpg

    YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、敵地での

    FC東京戦。

    先制を許したアビスパは何度もゴールに迫るが、

    最後の精度を欠きゴールを揺らせない。

    アディショナルタイムに入りかけたそのとき、
    右サイドで冨安が残したボールを受けた背番号16は、

    DSC01796.jpg

    徳永悠平に仕掛ける。

    フェイントをかけながらペナルティエリア内に

    侵入し左足を一閃。ゴール左隅に決まった一撃は、
    GKが一歩も動けない見事な同点ゴール。

    試合を1-1の引き分けに持ち込み、ホームで迎える

    第2戦に希望を繋ぐ事が出来た。


    殊勲のゴールを挙げた三島勇太。

    3年前、ルーキーながら、当時の

    プシュニク監督にサイドバックとして
    抜擢されたアビスパユースの背番号10は、翌2014シーズンは背番号2をつけて

    右サイドバックのレギュラーとしてプレーした。
    井原アビスパとなってからは思うように出場機会を

    得ることが出来ず、今季もベンチ入りすらままなら

    ない日々が続いていたが、3日前の天皇杯、鹿児島

    ユナイテッド戦では90分間、右サイドのアタッカ

    ーとして躍動していた。

    DSC01835.jpg


    そんな男に、チームメイトは笑顔で賞賛を贈り、

    DSC01802.jpg
    サポーターはありったけの声で勇太、勇太!と

    叫び続けた。

    「勇太の勇は勇気の勇」

    2014年のある試合の煽りフレーズを、誰もが思い

    出していた。そのゴールは、苦しい戦いの続くアビ

    スパに、出番を待ち望み続けたサポーターに、
    間違いなく大きな勇気を与えた。

    DSC01847.jpg

    ピッチに立った選手が研ぎ続けた牙を剥き、アビ

    スパの勝利のために走る。雁ノ巣で練習に励む姿

    を見れないサポーターも、ずっと信じて出番を待

    っている。

    DSC01881.jpg

    次は誰だ。

    次のヒーローは誰だ。

    DSC01564.jpg

    アビスパに勝利の歓喜をもたらすヒーローは、誰だ。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    jio

    ジオターゲティング
    よかったらクリックお願いします^^
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村
    ランキング参加中。
    にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
    にほんブログ村
    ユースサッカー応援宣言。
    にほんブログ村 サッカーブログ ユース世代へ
    にほんブログ村
    キリ番踏んだら教えてください^^
    ブログパーツUL5
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM