<< 2015総体観戦記 熊本準々決勝 大津高校vs熊本商 | main | 2015総体観戦記 熊本準決勝 熊本国府vs専大玉名 >>

2015総体観戦記 熊本準決勝 大津vs済々黌

0
    準決勝を迎えた熊本総体。
    第1試合は、大津高校vs済々黌。
    DSC01235 (2).JPG
    大本命の下馬評通り、無失点大量得点で勝ち進んで来た大津。
    DSC01236 (2).JPG
    DSC01240 (2).JPG

    秀岳館がベスト16で姿を消したブロックを勝ち抜いてきた済々黌。
    DSC01238 (2).JPG
    DSC01242 (2).JPG

    水前寺競技場のメインスタンドは両校の保護者やOBで埋まりました。

    DSC01210 (2).JPG
    DSC01218 (2).JPG
    大本命に挑む済々黌イレブン。
    DSC01231 (2).JPG
    とてもいい表情をしています。

    DSC01244 (2).JPG
    DSC01249 (2).JPG
    大津ボールでキックオフ。
    ファーストシュートは済々黌。

    ところどころ芝が剥げているピッチは良好とは言えませんが、
    大津はいつも通り、早いパス回し、9番一美くんのキープ、
    両翼の11番原岡くん、18番杉山くんの突破、
    セットプレーを必ず頭に当てる5番野田くんの迫力。
    DSC01270 (2).JPG
    多彩な攻撃で済々黌をゴールに釘付け。

    …になるかと思いきや、済々黌は守備では4-3-1-2に構えて
    前線には2人残し、カウンターを狙います。
    DSC01295 (2).JPGDSC01722 (2).JPG
    DSC01755 (2).JPGDSC01551 (2).JPG
    DSC01765 (2).JPGDSC01696 (2).JPG
    DSC01591 (2).JPGDSC01568 (2).JPG


    大津の攻撃を防ぎ、ボールを前に送ろうとしますが、
    地上戦も空中戦も、大津の両CBが確実につぶし、
    押し上げる余裕を与えません。
    DSC01742 (2).JPG
    攻めあぐねる大津は前半途中から、杉山くん、原岡くんの
    ポジションを入れ替え、右に回った原岡くんのドリブルが冴えます。

    10本はシュートを打ったであろう前半28分、
    右サイドからのクロスをファーに居た10番吉武くんが
    ゴール右隅へ最後までボールを見て倒れ込みながら
    丁寧なヘディング。
    DSC01356 (2).JPG
    さらに33分、またも右サイドから上げたクロスを
    ファーでマークを外した杉山くんが合わせ、
    あっというまに2-0。
    DSC01369 (2).JPG
    前半終了時は、大津圧勝のムードが漂っていました。

    高温、大雨、高温、高温と続く35分ハーフの5連戦。
    疲労が溜まらないはずはなく、済々黌は前半終了間際と、
    後半開始で合計4人を交代。
    大津も左サイドバックを入れ替えます。

    後半開始のファーストプレー。
    パスを3本繋げなかった済々黌が鮮やかなパスワークで
    右サイドを突破。
    DSC01429 (2).JPG
    DSC01434 (2).JPG
    ファーへ上げたクロスを待っていた8番、
    思いきりたたきつけたヘッドはワンバウンドして、
    ゴールへ吸い込まれます。
    DSC01471 (2).JPG
    湧き上がる済々黌。

    DSC01607 (2).JPG
    DSC01680 (2).JPG

    攻撃時は4-3-3のような形になり、素早い出足で
    大津のパスワークを寸断。ロングスローを駆使し
    大津ゴールに迫り、同点の期待感が高まります。

    後半の半ば。

    中盤のパスミスが、右サイドの原岡くんのもとへ。
    ドリブルで持ち込んでそのままゴールを破り、
    大きな大きな追加点を奪います。
    DSC01635 (2).JPG

    済々黌は、折れません。
    DSC01511 (2).JPG
    裏に受けた一美君とGKの1対1を阻止し、
    競り合いは最後まで体を張り、
    野田裕喜に臆さず立ち向かう済々黌。
    DSC01769 (2).JPG
    最後の交代を行い、
    ロスタイムになると2枚しか残さずにゴールを目指し、
    カウンターは体を張って阻止しますが、
    最後に1点を失い、試合終了。

    4-1というスコアでしたが、済々黌イレブンには大きな拍手が贈られました。
    DSC01794 (2).JPG

    済々黌。恐らくほとんどの3年生はこれで引退でしょう。
    DSC01797 (2).JPG
    DSC01789 (2).JPG
    DSC01785 (2).JPG
    DSC01802 (2).JPG
    涙と共に受け取った3位の表彰状。
    有力校が次々に敗退する中でのまぐれではなくて、
    素晴らしいチームが努力に見合った成績を収めたのだと思います。

    DSC01341 (2).JPG
    DSC01421 (2).JPGDSC01410 (2).JPG
    DSC01700 (2).JPGDSC01501 (2).JPG
    昨年、あと3分を耐えきれずに逃した全国制覇まで、あと7勝。
    涙と想いを託され背負い、大津イレブンは進みます。

     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    jio

    ジオターゲティング
    よかったらクリックお願いします^^
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村
    ランキング参加中。
    にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
    にほんブログ村
    ユースサッカー応援宣言。
    にほんブログ村 サッカーブログ ユース世代へ
    にほんブログ村
    キリ番踏んだら教えてください^^
    ブログパーツUL5
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM