愛する熊本の、サッカーを愛する皆様へ。

0

    熊本の皆さま、こんにちは。

     

    いつも私のつたない写真やブログに反応して頂い
    て大変励みになっています。

     

    DSC03766.jpg

     

    先日、私の愛するクラブであるアビスパ福岡がJ2
    リーグ戦を4位で終え、J1昇格プレーオフに進出す
    ることになりました。

     

    11/26(日)13:00キックオフの1回戦の相手は、

    東京ヴェルディ。

     

    ↓↓↓チケットについて↓↓↓

    https://www.avispa.co.jp/news/post-14501

     

    J2の3位から6位の4チームのうち、1チームのみが
    J1への切符を手にできる厳しいトーナメント戦です。

     

    iPhoneImage.png

    一昨年、アビスパはJ1昇格プレーオフを制し、J1
    への切符を掴み取りました。

     

    iPhoneImage.png

    試合までのワクワクとドキドキの入り混じった1週
    間。負けたら終わりの緊張感のなか、持てる全て
    の力を出し尽くす選手とサポーター。それまで感
    じたことのなかった濃密な90分。

     

     

    iPhoneImage.png

    昇格を掴んだ瞬間の、生涯忘れることのない感情。

    105×68mのピッチに、ものすごい熱量が注がれる
    空間が、そこにはありました。

     

    そんなJ1昇格プレーオフの1回戦を、アビスパは
    ロアッソ熊本のホーム、えがお健康スタジアムで
    戦うことになりました。

     

     

    2019年のラグビーワールドカップを見越した大規
    模改修工事という、恐らくクラブとしてもどうし
    ようもない事情で本拠地のレベルファイブスタジ
    アムを使用できない状況でスタジアムや駐車場、
    シャトルバスなどなどを用意してくださることに、
    感謝のしようもありません。

     

    当日は福岡から、東京から、多くのサポーターが
    やって来るでしょう。

     

    DSC02438.jpg

     

    私は主に高校サッカーを通じて、多くの熊本の方
    と繋がることができ、随分とサッカーの世界を
    広げて頂きました。

     

    g1 6.jpg

     

    ホーム福岡でできないことはとても残念なんです
    が、熊本の皆さんに見てもらえることは、少し嬉
    しいことだな、とも思っています。


    「同じ九州の仲間として応援してください」とい
    うつもりはありません。

     

    ただ、

     

    DSC03859.jpg

     

    「こんな面白い試合、見逃す手はないですよ」
    とは、言わせてください。

     

    アビスパから見たリーグ戦での対戦成績は、
    ホームで1-0、アウェイで0-0.ほぼ互角です。

     

    リーグ戦上位のアビスパは引き分けでも勝ち抜け
    というルールもあり、ひとつのゴールで状況が大
    きく変わります。

     

    DSC05029.jpg

    昨年のJ1で戦った一年でJ1とJ2では世間の認
    知度に天と地ほどの差があることを実感しました。


    クラブとしても、選手個人としても、運命が変わ
    る一戦を、見届けては頂けませんでしょうか。

     

    チケット価格は、
    バックスタンド前売りで大人1000円、
    高校生以下500円、
    ゴール裏は前売りで大人500円、高校生以下は
    なんと100円です。

     

    DSC03933.jpg

     

    先週まで開催されていた高校サッカー選手権とは
    また雰囲気の違う決戦の空気を、ロアッソ熊本が
    いずれ立つ舞台の雰囲気を(もちろん自動昇格が
    一番です)、

    ぜひ、お時間のある方は観戦に来て感じて頂けれ
    ばと思います。

     

    DSC04857.jpg

     

    そして、アビスパの戦いがJ1に値するものであ
    れば、少しでも後押しをしていただければ熊本
    を愛する者として、
    ひとりのアビスパサポーターとして、これ以上の
    喜びはありません。

     

    DSC03503.jpg

     

    当日、私はスタジアムに行くことが出来ません。


    アビスパの勝利と、一人でも多くの熊本の皆さん
    に決戦を見届けて頂けることを、心から願ってい
    ます。

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございます。


    山口の敵として。

    0

      大学時代を過ごした山口の街を、レノファ山口のホーム開幕戦を観るために2年連続で訪れることができる。

      この国にJリーグがあって良かったなと心から思う。



      訪れる度に、「レノファ山口」が山口という土地に根付き続けていることを感じさせる維新公園のスタジアムと、山口オリジナルの暖かみと誇りを感じさせるサポーターが織り成すあの空間が、実はとても好きだ。



      地域リーグ時代の偶然の観戦から4シーズン。奇跡のような成長物語と、そのために訪れたたくさんの別れを経て、維新公園という空間はいまどんな色をしているのか、どんな声がするのか。


      敵として聞く彼らの声は、どのように聞こえるのだろう。

      半年前。

      天皇杯2回戦で初めて戦ったアビスパ福岡とレノファ山口FCの一戦のことは、脳裏にこびりついて離れない。


      成長を続ける自分たちの力を出し切ろうと挑んできたレノファの選手とサポーターに対して、アビスパはどれだけの選手とサポーターが本気だったのだろう。金星を献上したあとの言いようのない苦々しさは、忘れてはいけない類のものだ。



      先週のJ2開幕戦、J1への帰還を目指すアビスパはJ3から1年で這い上がってきた大分トリニータに、術中にはめられ、選手サポーターの想いを決勝点に結び付けられたうえで敗れた。

      簡単に勝てるという驕りが、あったのかもしれない、そう思わざるを得ない。「向こう側」を埋め尽くした敵方が湧き返る映画のような光景を見ながら、「いつまで繰り返さなければならないのか」帰りの渋滞の中はずっと、そんな想いを抱いていた。



      初めてレノファ山口の敵として訪れる第2節、維新公園という空間を楽しみながら、ピッチを目にしたら対面のヤマグチスタには絶対に負けたくない。



      一切の驕りを無くし、選手たちの一歩の出足を、苦しい時間帯のひと踏ん張りを引き出せるように後押しをしよう。

      罵声はいらない。

      後押しを。


      オレンジの声援を上回る後押しを、山口に集うみんなでやっていこう。

      山口の街が
      レノファ山口が
      ヤマグチスタが

      好きだからこそ、


      勝ちたい。



      そして、



      新生アビスパの初白星を、
      みんなでお祝いしよう。

      勝ちたいなら、

      気持ちを見せよう。

      アビスパのみんなで。

      新人戦観戦記2017 福岡3回戦 東海大福岡vs飯塚

      0

        3 3.jpg

         

        1月21日。

         

        新人戦の行われる福岡フットボールセンターは気
        持ちのよい青空が広がりました。

         

        福岡県の新人戦は北部・中部・南部・筑豊の各支
        部予選を突破したチームと、県リーグ1部より上
        のカテゴリー所属し予選免除となるチームの合計
        40チームによるトーナメント戦で争われます。

         

        この日は3回戦。

        ベスト16に絞られたチームの激突です。

         

        観戦したのは、

        東海大福岡(以下東海、シード)vs飯塚(筑豊1位)

         

        1 1.jpg

        1 2.jpg


        35分ハーフの試合は開始早々から東海が飯塚の
        中盤にプレスをかけ、飯塚の中盤が持ち前のドリ
        ブルの巧みさでそれを躱そうとする形で展開。

         

        開始10分経たずに双方選手交代を行い、流れを
        掴もうとする中で飯塚にビッグチャンス。CKか
        らヘディングでの競り合いがゴールに吸い込まれ
        て行くものの、東海の守備陣が辛うじてクリア。
        飯塚の選手は入ったとコールするものの判定はノ
        ーゴール。

         

        1 3.jpg

        ゴールは奪えなかったものの、飯塚はボランチの
        阿部、左SBの辻本、トップ下の橋岡、C
        Fの叡飜遒鮹羶瓦肪イ辰織棔璽襪鬟疋螢屮襪任
        んどん運んでいき、飯塚のペースで試合を進めま
        す。

         

        goal 2.jpg

        対する東海はボランチの主将橋本を中心に長短
        のパスを交えて前進。すると前半20分を過ぎて
        右サイドへの展開からシュートのこぼれ球を橋本
        がペナルティエリア外から一撃。GKは一歩も動
        けずにゴール左上に突き刺さり、東海が先制。

         

        DSC00951.jpg

        先制した東海は飯塚がボールを奪うと、ドリブル
        で前進しようとする飯塚の選手を2人3人で囲い
        ドリブルを阻み始めます。しだいに流れが東海に
        移り、前半30分過ぎには橋本のスルーパスに抜
        け出したFWがぺナルディエリア内で倒されPK
        の判定。

         

        2 1.jpg

        キッカーの橋本はGKに背を向けた状態
        からスタートするシュート。GK竹村は反応して
        左に跳ぶもののわずかに届かず、東海は2−0と
        リードして前半を折り返します。

         

         

        楽天ブックスは品揃え200万点以上!

         

         

        2 4.jpg

         

        後半に入り最初のチャンスは東海。左サイドから
        のクロスをヘッドで合わせるも、GK竹村がセー
        ブ。致命的な3失点目を防ぐビッグプレーでチー
        ムを救うと、後半10分頃、飯塚は阿部がドリブ
        ルで3人、4人と躱してスルーパス。これに反応
        した中野は東海GK今村との1対1に持ち込むも
        シュートはわずかに右へ。

         

        4 1.jpg

         

        さらに中野は再び抜け出しシュートを放つが、今
        村は今度は足でセーブしてゴールを許さず。飯塚
        のドリブルが冴えわたり、東海の守備陣も粘り
        強く対応して時間が進んでいきますが、後半25
        分ごろに阿部が負傷交代するアクシデント。

         

        3 4.jpg

         

        橋岡をボランチに下げ、2点を追い続けると終了
        間際、中野がつっかけて攻め上がった橋岡へ。橋
        岡はドリブルで相対するDFのタイミングを外し
        ながらシュート。

         

        しかしこれはゴールの右に外れ、飯塚の反撃もこ
        こまで。

         

        2−0のスコアで東海が勝利を収めました。

         

        13 2.jpg


        3か月前に選手権で筑陽学園と対戦したときは、
        ドリブルで会場を沸かせるも筑陽のプレスをかい
        くぐることができず、頑なにドリブルで進むこと
        を続け0−5で敗れた飯塚。

         

        11 2.jpg

         

        当時からスタメンの大半が1、2年生だったメン
        バーが新チームになり、闇雲にドリブルで仕掛け
        る印象はかなり薄れ、相手の守備をさらに困らせ
        ていたと思います。決定的なチャンスを決めきる
        ことが出来れば、さらに怖いチームになっていく
        のではないかと思います。

         

        17 1.jpg

         

        福岡でこれまで見られなかったスタイルで勝負を

        していく飯塚。

         

        各地から集まったドリブル小僧たちがどんな進化
        を遂げていくのか、楽しみにしています。

         

        DSC01204.jpg


        勝利した東海は翌日の準々決勝で北九州戦を橋本
        のFK弾で1−0の勝利。準決勝では東福岡と対
        戦します。

         

        10 5.jpg

         

        橋本祐汰という少年の成長を見守り続けてはや2
        年。正確な右足と強気な姿勢でピッチの中央で大
        きな存在感を放つようになった背番号10は、想
        像を超える成長を見せています。

         

        1 2.jpg

        5 2.jpg

         

        橋本だけでなく昨秋からスタメンを奪っていた2
        年生が中心となるメンバーが東福岡という壁を前
        に、どんな試合を見せてくれるのか。そしてこの
        1年でどんな成長を遂げるのか。人工芝コートが
        新装完成した宗像のタイガー軍団の成長もまた、
        とても楽しみです。

         

        この試合で撮影した写真はFacebookページ

        「平日フットボールライフ写真部」にて公開

        しています。ぜひご覧ください。

        https://www.facebook.com/pg/heijitufootballlife/photos/?tab=album&album_id=1370318766365934

         

         

         

         


        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        jio

        ジオターゲティング
        よかったらクリックお願いします^^
        にほんブログ村 サッカーブログへ
        にほんブログ村
        ランキング参加中。
        にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
        にほんブログ村
        ユースサッカー応援宣言。
        にほんブログ村 サッカーブログ ユース世代へ
        にほんブログ村
        キリ番踏んだら教えてください^^
        ブログパーツUL5
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM